PHYSICAL SECURITY
IoT ソリューション
フィジカルセキュリティ

NOP IoT フィジカルセキュリティソリューションとは

「NOP IoT フィジカルセキュリティソリューション」は高機能な大規模向け監視カメラソリューションです。

  • 拡張性:統合可能なカメラ台数の制限がなく、サーバーを増やして拡張することができます。
  • 運用性:サーバー当たりの集約率が高く、管理する機器を減らすことができます。
  • 柔軟性:カメラの選択肢が豊富かつ、マルチベンダーに対応しています。
  • 操作性:Windows PCで動作するソフトウエアであり、高度な検索機能や洗練されたユーザーインターフェースを利用可能です。
  • 冗長性:自動フェイルオーバー機能により、配線を増やさず低コストで高信頼のシステムが構築可能です。
NOP IoT フィジカルセキュリティソリューションとは 図

NOP IoT フィジカルセキュリティソリューションは、この中でも特に監視カメラを取り扱うソリューションとなります。

広がる監視カメラのニーズに対応

監視カメラは、もともとは犯罪抑止や防災を目的としているものでしたが、今現在はさまざまな用途で使用されています。

広がる監視カメラのニーズに対応 概念図

入退室管理システムや勤怠管理システムとの連携、不審者の事前検知といった、顔認証を利用してのブラックリスト照合(事前の防犯)。
あるいは、顧客満足度向上のためのVIP対応(いわゆる顔パス)などのように、顔認証を利用してのホワイトリスト照合。

さらにはカメラ内でどこに人が集まっているかを分析するなど、店舗内のマーケティングへの活用や、群衆に対する異常行動の監視など、高度な画像分析に対するニーズが世の中に出てきています。
このように「映像の利活用」という点において、以下にご紹介する「第三世代の監視カメラソリューション」が必要となります。

監視カメラシステムの変遷

 監視カメラシステムの変遷 概念図

各世代製品の性能比較

第二世代(NVR) 第三世代(現行) 第四世代(次世代)
第二世代(NVR) 第三世代(現行) 第四世代(次世代)
IPカメラ+メーカ独自NVR製品 IPカメラ+汎用サーバVMS製品 IPカメラ+仮想化統合
拡張性 ~64台(1台あたり)
NVRユニットを増やして拡張
統合できるカメラ台数に制限なし録画サーバを増やして拡張 サーバを増やす必要がある場合、仮想マシンの追加だけで増設が可能
柔軟性 × 殆どがNVRと同メーカ製品しかつながらない場合が多い マルチベンダーカメラ対応
運用性 台数制限、録画容量制限のため機器本体が多くなり運用が大変 NVRと比較し少ないサーバ台数でシステム構築が可能 仮想化することで、物理サーバを削減でき、更に運用コスト削減可
操作性 × 録画再生、ライブ閲覧に
機能制限などあり
Windows PCさえあれば機能制限なく利用可能。高度な検索機能提供
冗長性 冗長構成とするには、
二重で録画を行う必要がある
ソフトウェアのフェールオーバーで実現 ソフトウェアのフェールオーバーに組合せ仮想化基盤の冗長機能を使用可能