SCADAfence
デジタルセキュリティ(サイバーセキュリティ)ソリューション
SCADAfence

工場・制御システム向けサイバーセキュリティソリューション

さまざまな産業や社会インフラにおいてデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速化しており、今や「IT/OT convergence(統合)」は必要不可欠な状況になっています。 しかし一方で、ランサムウェアのように新たな攻撃手法としてサプライチェーンの穴をつく攻撃が昨今非常に顕著化してきており、大企業だけではなく、中小企業もターゲットとして脅威にさらされつつあります。

SCADAfence Platformは、継続的な監視により、守るべき資産を可視化し、トラフィックの詳細を分析します。
また、脅威の検知、リスク管理をリアルタイムに実現し、製造現場・重要インフラのサイバー・ハイジーン対策を支援します。

SCADAfence Platform の特長

資産の識別と可視化

資産検出とネットワークマッピングを自動で行い、資産インベントリのデジタル化と可視化を実現します。
手作業で取得していたスプレッドシートを最新のリアルタイム情報に置き換えることができます。

トラフィックの学習と分析

パケットロスをすることなく、100%処理が可能な独自の高速処理エンジンで、トラフィックの学習と分析を行えます。

異常な通信の検知

外部からの攻撃やトラフィックの遅延、PLCエラー、人為的なミスによる誤動作など、インシデントにつながるさまざまな動作を検知し、通知します。

脆弱性特定とリスク管理

国際規格・ガイドライン(IEC62443/NISTフレームワークなど)に対して、自社の工場だけではなく、主要サプライヤの工場も含めてその準拠状況を自動的に把握し、対策案を提示できます。

SCADAfence 社について

SCADAfence社は、2014年設立された工場・制御システム向けサイバーセキュリティソリューションベンダーです。

イスラエル(本社)、欧州、米国、日本に拠点を持ち、欧州を中心に自動車・電機・医療分野などの世界先進企業で多くの実績を有する産業向けセキュリティ市場における世界的リーダーです。

https://www.scadafence.com/ja/

SCADAfence logo