Palo Alto Networks
デジタルセキュリティ(サイバーセキュリティ)ソリューション Palo Alto Networks

脅威情報サービス “AutoFocus”

Palo Alto Networks が持つ脅威情報をタイムリーに公開

AutoFocs の提供するセキュリティ脅威情報により、セキュリティ担当者は自社に向けた重大な標的型攻撃の優先度を判断し、迅速な対処方法の立案、実施を行うことができます。

  • 脅威情報は、サードパーティの情報に加え、WildFire で取得した数億に及ぶセッション情報や検体サンプル、10 億以上の治験データを元にしています。
  • 解析チーム「Unit42」による脅威解析の結果が検知した未知のマルウェアに自動的に紐付けられます。
脅威情報サービス “AutoFocus”

挙動分析“Magnifier”

エージェントレスの機械学習ベースでの脅威分析情報を提供

エンドポイントセキュリティは、サイバーセキュリティの最後の砦です。しかし、IoTデバイスや、セキュリティソフトが動作しないデバイスもあり、対策の難しい分野でもあります。

Magnifierを使えば、次世代ファイアウォールPAシリーズのログをクラウドで分析し、エンドポイントのマルウェア感染を発見できます。

Magnifier の要件

  • PAN-OS 8.0.6 以降を実行しているPalo Alto Networks 次世代ファイアウォール
  • PAN-OS 8.0.6 以降を実行しているPanorama
  • ロギング サービス
Magnifier Pathfinder ハードウェア要件
最小CPU コア数2
最小メモリ 8GB
最小ストレージ 128GB のシンプロビジョニング ストレージ
エミュレーション プラットフォーム VMware ESXi V5.1 以降