PHYSICAL SECURITY
フィジカルセキュリティソリューション
(監視カメラ、入退室管理、車番認証、画像解析、クラウドカメラ)

Genetec Security Center アプライアンス製品の特長

Dell社製サーバにGenetec Security Centerのライセンスをバンドルしたアプライアンス製品です。
録画機能だけでなく、Genetec Security Centerのソフトウェア機能(ビデオ監視、入退室管理、ナンバープレート認証)も利用可能です。
サーバに必要なコンポーネントをあらかじめ搭載しており、CPU、メモリ、ディスクなどの選定と構築の手間を省けます。各シリーズとも録画容量に応じて複数のモデルをご用意しています。

  • オールインワン・アプライアンス

    タワー型サーバの小規模~中規模案件向けモデルです。
    サーバ1台あたり、カメラ数台~最大50台まで収容可能です。

  • ラックマウント・アプライアンス

    ラックマウント型サーバの中規模~大規模案件向けモデルです。
    サーバ1台あたり、カメラ100台~最大1000台まで収容可能です。侵入検知などの画像解析機能もバンドルしたAnalytics型モデルもあります。

  • ワークステーション

    Genetec Security Center操作用のクライアント製品です。
    監視オペレータが監視運用業務で利用するツール「Security Desk」の画面操作が可能です。
    (操作用のモニター、キーボード、マウスは別途必要です。)

オールインワンとラックマウントの違いは?
オールインワン・アプライアンスは、サーバにGenetec Security Centerのソフトウェアをあらかじめインストールしているので、ソフトウェアライセンスの購入は不要です。
ラックマウント・アプライアンスは、Genetec Security Centerのソフトウェアライセンスを別途購入いただく必要があります。

オールインワン・アプライアンス

  • SV-100Eシリーズ

    100シリーズは、リモートサイトを迅速かつ簡単に保護できるように設計されている小規模向けの製品です。
    ビデオ監視とアクセス制御機能を備えた統合セキュリティシステムと、ローカルサイトでの監視機能を提供します。
    スタンドアロン型のセキュリティシステムや、大規模なマルチサイト展開の一部として利用できます。

  • SV-300Eシリーズ

    300シリーズは、ビデオ監視、アクセス制御、 侵入検知など複数の機能を利用できます。 単一のデバイスで小規模なサイトを保護するために必要な機能や、メンテンナンスを簡素化できる機能を搭載しています。

    • アナログカメラの接続には、内蔵アナログエンコーダカード(オプション)が必要です。
  • SV-350Eシリーズ

    350シリーズは、ビデオ監視、アクセス制御、 侵入検知など複数の機能を利用できます。 単一のデバイスで小規模なサイトを保護するために必要な機能や、メンテンナンスを簡素化できる機能を搭載しており、RAID構成に対応します。

ラックマウント・アプライアンス

  • SV-1000Eシリーズ

    中規模のセキュリティシステム向けに設計されている、費用対効果の高いモデルです。ビデオ監視、アクセス制御、 自動ナンバープレート認識や侵入検知などの画像解析機能を利用できます。

  • SV-2000Eシリーズ

    冗長電源とRAIDオプションを備えた中規模システム向けの製品です。ビデオ監視、アクセス制御、 自動ナンバープレート認識機能を利用できます。

  • SV-4000Eシリーズ

    エンタープライズレベルのパフォーマンスを提供する製品です。SASストレージでRAID構成を構築できます。

  • SV-7000Eシリーズ

    高解像度カメラや複数のユーザ/イベントなど大規模および複数アプリケーションを組み合わせて利用するために設計された製品です。
    サーバ側の負荷分散と拡張可能なSANストレージにより、 システムをシームレスに拡張できます。

ワークステーション

  • SVW-300Eシリーズ

    300シリーズは、中小規模のセキュリティ監視システム用に設計されたソリューションです。

  • SVW-500Eシリーズ

    500シリーズは、4Kモニターや、ビデオウォールで高解像度カメラを表示する機能を必要とするお客様向けに設計されたソリューションです。